HOME > 日本留学支援 > 日本留学準備

日本留学準備

日本の教育制度

日本の高等教育は、初等教育(小学校6年間)及び中等教育(中学校3年間、高等学校3年間)の12年間を修了してから始まります。留学生が入学可能な高等教育機関としては、①高等専門学校、②専修学校(専門課程)=専門学校、③短期大学、④大学(学部)、⑤大学院の5つがあり、国立・公立・私立に大別されます。

 

大学評価・学位授与機構が認定した短期大学・高等専門学校の専攻科を修了し、大学評価・学位授与機構の審査に合格すると、「学士」の学位が取得できます。詳細は当協会に確認してください。

留学生が高等教育機関に入学するために必要な条件

日本の高等教育機関では、基本的にほとんどの学科について、日本語で授業が行われています。学校の授業についていくための日本語の能力としては、日本語能力試験のN1かN2程度の能力が必要です。これは600~900時間以上勉強したレベルといわれています。環境と努力次第ですが、日本で集中的に勉強しても1年か2年勉強する必要があります。
また、次のいずれかを満たす必要があります。
① 法務大臣が告示をもって定める日本語教育機関で、6ヵ月以上の日本語教育を 受けた者
② 日本国際教育支援協会及び国際交流基金が実施する日本語能力試験(JLPT) のN1またはN2に合格した者
③ 日本の小学校、中学校、または高等学校において1年以上の教育を受けた者
④ 日本留学試験(EJU)〔日本語科目(読解及び聴解・聴読解の合計)〕200点以上 の取得者
⑤ 日本漢字能力検定協会が実施するBJTビジネス日本語能力テスト400点以 上の取得者

日本語教育機関 選択のポイント!

書類審査が中心ですが、受験者本人や保護者と面接を行う場合や、筆記試験を行う場合もあります。

① 留学ビザ 法務大臣が告示を持って定める日本語教育機関かどうか?(告示校でないと留学ビザは出ません)
② 学ぶ目的は? 日常会話?大学進学?ビジネス日本語?
③ クラス編成 学生の日本語能力にあったレベル分けを行っているか? 1クラスの人数は?
④ 学生数・教員数 学校の規模は?学生数と教員数の割合は?
⑤ 学生の出身国割合 漢字圏からの学生が多いか? 非漢字圏の学生に対する配慮はあるか?
⑥ 授業時間数 総授業時間数や、科目別の授業時間数は?
⑦ 試験対策 日本留学試験(EJU)や日本語能力試験(JLPT)の対策を行っているか?
基礎科目(英語・数学・理科・世界史・地理等)の授業があるか?
⑧ 進路指導や生活相談 進路指導や生活相談を行っているか?
⑨ 卒業生の進路 先輩たちの進学先はどうか?希望の学校に行けるか?
⑩ 学費等 授業時間数、教員数、設備等に見合った金額か? 途中で退学した場合、返金してくれるか?
鉄道運賃の割引サービスを受けられるか?
⑪ 入学試験 書類審査だけか? 保証人や在日連絡人の面接があるか? 日本国外での選考を行っているか?
⑫ 学校の所在地 大都市か地方か? 気候には適応できそうか?
⑬ 住居 学校の寮や宿舎はあるか? アパートを紹介してくれるか?

日本留学への最短コース

留学生教育就職支援協会が厳選している日本語学校提携校から専門学校生、大学や大学院等の高等教育機関を卒業し、日本の社会で活躍している方が多く存在します。当協会では、日本留学への最短コースとして以下の法務省告示校の日本語教育機関への留学を推奨しています。
1.日本語学校(東京)優良校2校 
◉東京トランスナショナル日本語学校
◉東京中野日本語学校

2.日本語学校(大阪)優良校2校
◉関西外語専門学校
◉ピアブリッジ国際学院

提携日本語学校への入学サポート

入学緒手続きを母国語でサポート

入学志願書や学歴証明書、教授からの推薦状及び日本留学試験(EJU)等、日本教育機関が求める出願書類を事前チェック。

留学生が日本の高等教育機関を受験するには、出願書類をはじめ、母国での卒業証書や推薦状といった各種書類の提出が必要です。本来これらの書類は留学生自身が準備・提出すべきものですが、書類に不備がある場合や書類の偽装により入学に問題となるケースもあります。留学生教育就職支援協会では、留学生と受け入れる教育機関の双方が安心して入学手続きが進められるよう、各種書類の事前チェックを行っています。

 


このページの先頭へ